flower写真

フォイヤーシュタイン媒介教育とは

 

発達の心配な子供を育てたことがあれば、おそらく経験すると思うのですが、お医者様やその関係者に
「あせらず、もう少し様子を見守りましょう。」といったことを言われます。
早く対策をとったほうがいいのでは?と考えている親は多くいると思うのですが、大概は逆のアドバイスを頂く結果となります。

そこには、認知の発達は自然発達である、という考えが根底にあるからです。
そこに一石を投じた博士がいました。それがフォイヤーシュタイン博士なのです。

 

博士は、認知は変容するという理論を唱え、認知の変容を促進し発達させるためのIE教材を開発し、

多くの事例によって、この理論を検証してきました。
そして変容するためのサポート、関わりのあり方を<媒介>と呼んでいるのです。

媒介を受ける10人の学習者がいれば、媒介者と呼ばれる指導者の意図や目的は学習者との相互作用によって異なりをみせ、

極端に言えば、10通りの媒介となるのです。
(理論詳細:NPO法人フォイヤーシュタインラーニングセンターHP)

 

フォイヤーシュタイン博士は、すばらしい媒介者としてヘレンケラーの師、サリバン先生を上げています。
ヘレンは出会った時は、勉強とか知識とか、そういった段階の話ではなく、目と耳のハンディーから、概念の形成や、世界の構成や秩序を知ることを奪われてしまった少女でした。サリバン先生はヘレンの世界の構築を手助けし、成し遂げた、まさしくすばらしい媒介者なのです。

 私どもが手本にすべき偉大な例ですが、私どもは1歩でも近づくように、子供たちの認知機能にどのような不全があるかを観察し、分析し、どのように媒介すれば、認知構築の手助けが出来るのかを考え、高い目標と意図を持って指導してゆくこと、そのことを常に考えて取り組んでおります。

 

フォイヤーシュタイン媒介教育の教材、IE教材

 

IEスタンダード 全14教材(点群の組織化、比較、分析的知覚、空間定位1、分類、時間的関係、家族関係、空間定位2、指示、数列、三段論法、 推移的関係、イラストレーション、表象的ステンシル・デザイン)
IEベーシック 幼児〜 全9教材 
IEタクタイル 触覚を用いる教材 (始まりは視覚障害者のために作られましたが、見える人があえて視覚に頼らず考えることによって、良い影響が報告されています。)

 学習者の多くが最初に取り組む大切な教材、『点群の組織化』を例に挙げて、こども発達研究所での取り組みをご紹介致します。

  

 『点群の組織化』では、無数に散らばる星のように、無秩序の『点群』中から、子ども自身の力で、見本と同じ『点群』を見つける事により秩序立てて考える手法を身につけていきます。

 

『点群の組織化』と取り組むとき、直角や平行、正方形などなどの概念が重要な役割を果たすのですが、媒介者である私が、幼児であろうと障害があろうと、平行をいきなり教えはじめるので、驚かれる方が多いです。
でも現にほとんどの子供は理解が可能です。なぜ理解できるのでしょうか。多くの子どもたちは、平行という概念を言葉では説明は出来ないかもしれませんが、子供たちはなんとなく、既に知っているのです。

本棚は横棚が平行に並んでいますよね。少しでも斜めになると、本が滑り落ちたり、本棚の枠が傾いてしまったりすることを子供は知っているのです。 それらの似たような共通の概念があちらこちらに存在することにも気づいてゆき、やがてその概念に、平行という名前がついているのだよ、と学習します。

 

ところが、本棚は本棚とそのまま認識して、その構造には意識が向かない子供たちがいます。
そういった子供は、けして頭が悪いわけではなく、違った見え方をしていると感じます。
写真のように覚えていたり、妙に細部に関心がいってそちらの方に焦点があったりです。同じものを見ていても、見え方が違う、違った見方をしている。
そういった子供たちに、構造の見方の形成を手伝いたいと考えています。

 

また、高学年〜大人の方で、平行の概念はよく知っていても、見えない方も多くいらっしゃいます。
よく解っていても現実で実際にはその概念を利用していないのです。そういった方は、知性は高くても、生き辛さを感じていらっしゃるようです。
少しでも楽になれるお手伝いが出来ればと思っております。
(ここで取り上げた点群の組織化は、特別な空間技能が求められる技術者を選別する道具として開発されたものを博士がダイナミックに発展させたものでした。FIEの14の教材すべてが、創造的に考え、自立して生きる存在となることを意図して作られており、こども発達研究所には、大人の方もいらっしゃってます。)

 

 

フォイヤーシュタイン媒介教育体験談

 

 自閉症で知的障害の重かった息子にフォイヤーシュタイン媒介教育を実践してきたのですが、この教育に私が出会う前に感じていた事、そしてなぜフォイヤーシュタイン教育に惹かれることになったのかを紹介致します。

 

 一つ目のエピソードは、まだ息子が年長さんくらいの頃だったと思います。ある時幼児教材の何かに、チューリップの絵が描いてあって、そのうちの一つが、点で線を結ぶと、チューリップになるようになっていました。息子に鉛筆を持たせて促してみると、全く絵も背景も点も見えていないかのようにぐちゃぐちゃと弱弱しいながらも、線を書きなぐりました。

 点は点でしかなく、チューリップであるとも認識しておらず、教材製作者の意図もなんら感じ取ってはいませんでした。点を見てチューリップをかたどっていると普通の子供たちは難なく見てとるが、いったいそれはどうしたらできるようになるのか。息子は点は点と、そのまま認識していると感じられたのです。

 これが疑問の始まりでした。よく自閉症の点などのdotの数を一目で見分けてあててしまう特殊能力が話題になってましたが、そのことと関係があるように感じたのです。

 

 二つ目のエピソードは、小学2年生になった頃だったと思います。天文台の観測に連れてゆき、望遠鏡をのぞかせてもらったり、星座を教えてもらったりしました。しかし、「あそこに烏座が見えます」と星座盤と見比べさせたところで、あんなに遠くにある星を指で正確に指し示すことは不可能で、息子にはあの星がどれを指すのか、見えているようには思えませんでした。

 いったいどうすれば、実際に指で指し示すことも出来ず、絵でこんな形の物、というふうに見せることもできない無数の星の中から、”あの星”が”(星座盤の)この星”だと正確に理解させることが出来るのでしょうか?

 

 点群の組織化というフォイヤーシュタイン教育の教材を一目見て、答えを見つけたと感じました。そしてその直観は正しかったのです。息子は学校でオリオン座などを習う頃には、容易に星座を見つけられるようになっていました。

 

 視力で見えると、構造が見えるは違います。世の社会構造などは、ほとんどが、視力で見ることが出来ないことばかりです。少しでも生きやすくなるように、子供たちの見える世界、その構築を助けることが出来ればと考えています。

体験料金

相談カウンセリング

・どのような事をしているのか深く知りたい、
・子供や自分にはどんなことが適切か相談したいなど

(skypeによるonline相談予約でも可)

3000円/30min

①フォイヤーシュタイン媒介教育体験20分/2000円

②総合カウンセリング30分/3000円

初診認知体験セット 合計5,000

体験価格
3000円/50min

①IMリズム検査
(or 動作能力 カウンセリング)30分/5000円

②フォイヤーシュタイン媒介教育体験30分/3000円

③総合カウンセリング30分/3000円

初診セット 合計11,000

体験価格
8000円/1.5h

(注)入れ替え時間含む

運動や体の専門の先生*も別途希望された場合、別料金が発生します。

^